木育とは

2004年に北海道で生まれたことばで、その後の「森林・林業基本計画」に「市民や児童の木材に対する親しみや木の文化への理解を深めるため、多様な関係者が連携・協力し ながら、材料としての木材の良さやその利用の意義を学ぶ、「木育」とも言うべき木材利用に関する教育活動を促進する木を子どもの頃から身近に使っていくことを通じて、人と、森や木との関わりを主体的に考えられる豊かな心を育てたいという想いを「木育(もくいく)」という言葉にこめた」と記され、「子どもをはじめとするすべての人びとが、木とふれあい、木に学び、木と生きる」ことを木育とした。

木育サポートネットの目的

○木を使ったものづくりの体験から環境・情操教育・伝統技法(職人)について触れて
学べる機会を提案する。

○子どもの体験から親子での体験へとひろがりをみせ、木を使うところから、環境・文化・芸術を触れてもらう活動を支援する。

○学校教育の手段としての「木育」を広めるために市民活動団体等と行政機関等を円滑に接続する方策や、
教育課程での「木育」の取り込みへの有効な手立てを提案する。

木育で出来る事

●木であそび・木でつくり・木にまなびながら、木の様々な特徴を『五感で感じる体験』
●参加者同士で協力する木のクイズやモノづくりを通じて、『思いやり・主体性を育む体験』
●鉋、鑿、ノコギリなど手工具を使った伝統工法体験や伝統建築の組立体験で『伝統文化を学ぶ体験』
などご要望に合わせて木育をご提案させて頂きます。

◇五感を育む体験

木育活動①

◇心を育む体験

木育活動②

◇文化を育む体験

木育活動 ③

主な活動内容

近畿圏(現在は主に奈良、大阪、京都)で、木育の普及促進に努めながら、各企業・団体・個人向けに木育の活動を支援する中間支援組織の役割を担う。

大阪地域での主な活動

20190331_190401_0093

八尾市高安地域の廃校を拠点として活用
●月2回の木育講座の開催
●月1回の森林整備活動の協力
●地域材を活用した企画商品開発
●団体、企業向けの講座開催
●イベントの企画運営
●各イベントの出店

続きを読む

奈良地域での主な活動

76697217_2597379420375722_3527286194427658240_n

【吉野町の0才~15才までの
生涯木育の活動支援】
●年3回の未就園児対象の子育て講座
●年5回のこども園(2園)での木育体験
●小学校のカリキュラムに合わせた木育授業
●「愛 学習机プロジェクト」
●「吉中友灯工房」
●各イベントの出店

続きを読む

京都地域での主な活動

74908214_2714884185239518_8975820528619094016_n1

京都各地での企画・イベントに協力
●材木屋で木材活用企画
●地域材活用の木育講座
●各イベント出店

※Googleフォームにページが移動します。